K Desktop Environment • Support • 古い資料

KDEの使用する環境変数 - 旧 Wiki アーカイブ

FrontPage

元ネタ : http://kde.ground.cz/tiki-index.php?page=Environment+Variables

KDEDIR
KDEDIR変数にはKDEのインストールツリーのルートを指定します。 KDEDIRS変数がセットされていない場合は必ず指定されていなければなりません。 これはKDEがアイコンやライブラリといったデータを探すのに使われます。
KDEDIRS
KDEDIR変数をオーバーライドして、KDEがデータを探す複数のディレクトリを指定することができます。 KDE本体とは違う場所にインストールしたプログラム等を利用したい場合に便利です。
KDEHOME
指定されない場合、パーソナルデータを保存するために~/.kdeディレクトリが使われます。
KDEROOTHOME
指定されない場合、管理者(root)のパーソナルデータを保存する為のディレクトリとして ~root/.kde が使われます。 これは "su" でルート権限になった後ユーザーがKDEプログラムを起動した時に、管理者権限でユーザーのデータを上書きしてしまうのを防ぐために導入されました。
KDEWM
指定したウィンドウマネージャがstartkdeスクリプトでkwinの替わりに用いられます。
KDE_LANG
KDEの言語設定を上書きします。 例えば、"KDE_LANG=ja kprogram &"とすると必要なファイル(kde-i18n-ja)がインストールされている場合に限りプログラムが日本語の翻訳ファイルを利用して起動します。
KDE_MULTIHEAD
"true"を指定すると、マルチヘッドシステムとしてKDEが起動します。
KDE_DEBUG
これを指定するとKDE crash handlerを無効にできます。(コマンドラインオプションで --nocrashhandler を指定するのに相当します。)
KDE_HOME_READONLY
ホームディレクトリ読み込み専用としてがマウントされます。
KDE_IS_PRELINKED(KDE 3.2)
KDEのバイナリやライブラリをprelinkした場合に指定します。
KDE_MALLOC
"1"を指定すると、KDEが --enable-fast-malloc を指定されている場合に限り kdecore で提供されている高速mallocルーチンが使われます。 そうでない場合はlibcのルーチンが使われます。
KDE_NOUNLOAD
KLibLoader?が動的にオープンされたライブラリをアンロードしないように指定できます。
KDE_DOUNLOAD
指定されている場合、KLibLoader?は常に動的にオープンされたライブラリを案ロードしようとします。 しかし、クラッシュする可能性が高いので気をつけて下さい。
KDE_UTF8_FILENAMES
指定されている場合、KDEはCロケールを無視してすべてのファイル名がUTF-8でエンコーディングされていると仮定します。
KDE_FULL_SESSION(KDE 3.2)
KDEが立ち上がる際に自動的に"true"にセットされます。 これは例えば、Konquerorがクローズされる時に、将来的に使われるメモリの残量を考慮すべきかどうかを知る為に使われます。 もしセットされていなければ、クローズされた後Konquerorは終了します。
KDESYCOCA
システム設定キャッシュファイルのパスや名前を指定します。
KDETMP
/tmpに加えてKDEが一時ファイルを保存するために使うパスを指定します。
Counter: 33, today: 1, yesterday: 0

Global navigation links